泉州会館って知ってます?

「東京の大学に進学するんだ!」という志を持っている男子高校生やその保護者の方に!

10月に入り高校生は先の進路に思いを馳せ、友人と語り家族と会話しベッドの上でも天井を見上げながら寝付けない夜を過ごす高校生も少なくないのではないでしょうか。

泉州会館って知ってます?

今回ご紹介しますのは、東京の大学に行きたいけれど、経済的な理由で諦めている方に参考になるのであればという思いでご紹介させて頂きます。
ご存知の方もいるとは思いますが、それは、『泉州会館東京学生寮』です。

『泉州会館東京学生寮』は東京都世田谷区の池尻(渋谷駅から1駅)という閑静な住宅地に建つ鉄筋コンクリート造の地上4階建てのきれいな寮です。

さらに、机・イス・ベッド・エアコン・クローゼット等設置済みと至れり尽くせりの環境で寮費はなんと朝・夕食事付で月額約8万3千円です。

是非、泉州会館のホームページを参照してください。

公益財団法人 泉州会館 東京学生寮
泉州会館とは、泉州地域出身の子弟が東京の大学に進学する際、経済的負担を少しでも軽減し、 安心して勉強に励むことができるようにとの趣旨により、 昭和31年、故佐々木勇蔵氏はじめ地元篤志家の出資によって、設立された財団で、 世田谷区の御木本幸吉別荘跡地に学生寮を建設し、以来50数年間に亘って、700名以上の優秀な人材を世に...

泉州会館の歴史


『泉州会館東京学生寮』は公益財団法人泉州会館が運営し、大阪府在住者または出身者が、東京の大学に進学する際に経済的負担を少しでも軽減し、安心して勉学に励むことができるようにとの趣旨により、昭和31年に泉州銀行(現池田泉州銀行)創業者の故佐々木勇蔵氏はじめ地元篤志家の出資によって設立された財団です。
以来60年にわたり700名以上の人材を世に輩出してきたそうです。
その歴史は、戦前、元岸和田藩主・岡部氏が地元岸和田中学校(現岸和田高校)出身で東京で勉学している学生達のために東京都文京区に「阪南郷友会」という学生寮をつくり学生達に無償で提供していました
。戦後その寮で勉強した方々が元泉州銀行頭取・佐々木勇蔵氏に働きかけ、泉州地区の政財界の協力のもと資金を集め、また佐々木氏が岡部長景氏に働きかけ、岡部氏が御木本氏に働きかけ、真珠王で有名な御木本幸吉氏所有の屋敷を譲り受けて、学生寮を開寮することになったということです。

部屋数は33室あり来年度の募集は10名程度とのことです。
来年度の募集要項は近日ホームページでお知らせするとのことです。

もうすぐ中間テスト!

大志学園では毎日塾生が進路の相談や、受験の相談に来てくれます。
泉州会館のことについても詳しく聞きたい場合は相談に来てください。

本日は10月5日、2学期の中間テスト直前です。まずは目の前の目標を達成できるように全力でがんばりましょう!

タイトルとURLをコピーしました