2019年センター試験(英語) 傾向と対策「第4問」|大学受験進学指導 岸和田の学習塾「大志学園」|京阪神大|難関国公立大|国公立大|難関私立大|関関同立|看護薬学|

大志学園
☎ 072-432-8819

受付 13:00~22:00 (日祝休業)

体験授業申込 ✓
資料請求 ✓
資料請求はこちら ✓

2019年センター試験(英語) 傾向と対策「第4問」

[記事公開日]2018/06/18[最終更新日]2019/07/01

カテゴリ:

2019年センター試験(英語) 傾向と対策「第4問」

第4問  A:評論文+図表・グラフ読解問題(4問)
B:広告検索問題(4問)

◆ 傾向 ⇒ Aは「英語」全体の高得点に向け 
       大きなカギを握る存在!

Aは評論文を読み、その内容に関する設問に答える読解問題だが、この問題の特徴は、文章が何らかのデータに関係したものであり、そのデータが図表やグラフで表されている点です。受験生が「グラフの解説を英語で読む」という作業に慣れていないため、必要以上に時間がかかってしまいやすいです。また、近年の本文分量の増加に伴い、全体の難易度も上がっています。「時間を最小限に抑えた上で、すべて正解できるか」が「英語」全体の高得点獲得に向けて大きなカギを握ります。
Bは、設問が求める情報を広告内から探し出して解答する情報検索問題です。2018年に設問数がそれまでの3問から4問に増えたものの、解答時間も含めて大きな差はない。こちらは「落としてはいけない」問題と言えます。

◆ 対策 ⇒ 問題攻略に必要なのは「慣れ」。
      徹底的にパターン・プラクティスを!

AとBは、どちらも「情報処理」問題であり、特にBに顕著なように、「早押しクイズ」のような形式とも言える要素が特徴です。そこで必要になるのがパターン・プラクティスです。まず全体の情報配置を素早く把握し、「設問で要求される情報がどのあたりにありそうか?」を大きくつかんだ後に、細部を確かめて解答する、というゲーム感覚の訓練が必要です。要は、スムースな解答作業を身につけるための「慣れ」を養うトレーニングを重ねることです。慣れるために必要なのは、当然「繰り返すこと」。解答時間を最小限に抑えることが最重要課題となるだけに、このパターン・プラクティスを充実させることが肝要です。
ただし、対策の中心は夏以降に行うべきです。基本的な読解訓練が終わってから行うべきです。

2019年センター試験 大問別の傾向と対策

「センター試験「英語」2018年出題分析&2019年予想」はこちら
「第1問 発音問題・アクセント問題」の傾向と対策はこちら
「第2問 適語選択問題・語句整序問題・文完成問題」の傾向と対策はこちら
「第3問 不要文削除問題・発言趣旨指摘問題」の傾向と対策はこちら
「第5問 物語文読解問題」の傾向と対策はこちら
「第6問 評論文読解問題」の傾向と対策はこちら


この投稿にはタグがありません。

facebook -いいね!する

よく読まれている記事

薬学 薬学部を設置している大学一覧(関西)

看護 2018年度 学校別・看護師国家試験合格率(関西エリア)

 2018年大阪大学(医学部)合格者 高校別ランキング

 2018年度入試 大阪大学 高校別合格者数・実質倍率・合格最低点

 2019年度入試 同志社大学 高校別合格者数・実質倍率・合格最低点

 2018年神戸大学(医学部)合格者 高校別ランキング

看護 【2018年度】看護専門学校(大阪府)出願・試験日程一覧

 2018年度 兵庫県立大学 合格最低点

 2019年度入試 神戸大学 高校別合格者数・実質倍率・合格最低点

教育 教育学部の受験情報~関西で教員免許が取得できる大学~

■最新記事

【2021年度】私立大学入試も大きく変わる!総合型選抜・学校推薦型選抜とは?

学長が語る!【社会に出てから求められるものとは?】

学長が語る!【偏差値とは何なのか?】

学長が語る!【人間力を鍛えよう!】

■カテゴリ一覧

高校紹介(0)

入試情報(128)

おすすめ参考書(23)

イベント(15)

英検(0)

入試トレンド(2)

大志学園学長の読書ブログ(1)

大志学園は塾をこう考える(8)

看護学校・看護学部(17)

教育学部(7)

薬学部(9)

■タグ一覧

お知らせ 大学説明会 読書 関西学院大学

■月別記事一覧

●大志学園について

2019年センター試験(英語) 傾向と対策「第4問」 -(C)岸和田の学習塾「大志学園」 All Rights Reserverd.