大学受験の主役は“自分”だ!!

新しい年が始まって早や1週間。いよいよ3学期のスタートです。

勉強を「だれかにやらされている」ような感覚があるとすれば、大学受験は上手くいきません。

高校入試には内申書というものがありました。実力があっても、内申点が悪いために受けさせてもらえないとういうようなことがありました。つまり、周囲の評価で「自分」の価値が決まるシステムだったのです。

しかし、大学入試には推薦入試などの一部の入試を別にすれば内申書のシステムはありません。
入試当日に合格最低点さえ取れば、東大でも京大でも合格できるのです。つまり、だれにでも平等にチャンスが開かれ、自分の価値を自分で決めることの出来るシステムなのです。

たとえば、先生に「おまえの成績では、この大学はムリだ」と言われたとする。このとき、「やっぱりダメか」とへコんでしまう必要は全くない。合否は先生が決めるのではないからだ。「じゃあ、頑張って成績を上げて、志望校合格を目指そう!!」とポジティブに考え、行動すれば必ず結果は変わります。

センター試験まで残り一年の今は、何も決まってません。

今後の一年の「自分」しだいで結果や運命はどうにでも変えられるのです。

この投稿にはタグがありません。
タイトルとURLをコピーしました