おすすめ生物問題集『入門編』|大学受験進学指導 岸和田の学習塾「大志学園」|京阪神大|難関国公立大|国公立大|難関私立大|関関同立|看護薬学|

大志学園
☎ 072-432-8819

受付 13:00~22:00 (日祝休業)

体験授業申込 ✓
資料請求 ✓
資料請求はこちら ✓

おすすめ生物問題集『入門編』

[記事公開日]2017/07/27[最終更新日]2019/04/15

カテゴリ:

入門編(偏差値40~50程度)

●田部の生物基礎をはじめからていねいに(東進ブックス)

田部の生物基礎をはじめからていねいに
入門書として最適な参考書。カラーで描かれたイラストや写真でイメージが掴みやすく、
内容も講義形式の優しい口調で書かれており、読みやすくもある。

●センター試験 生物基礎の点数が面白いほどとれる本(中経出版)

センター試験 生物基礎の点数が面白いほどとれる本
書名の通り、センター試験に特化した一冊。
400ページとかなり分厚く、解説が丁寧かつ読みやすく、点数のとれる問題を捉えている。

●視覚でとらえるフォトサイエンス 生物図録(数研出版)

視覚でとらえるフォトサイエンス 生物図録
所謂資料集。学校で購入することも多いと思うが、持ってない人は是非手に入れて欲しい。
理科はイメージが大事な科目なので、イラストや写真が手軽に見れるこの本は最適。

●理解しやすい生物基礎 (理解しやすい 新課程版)(文英堂)

理解しやすい生物基礎 (理解しやすい 新課程版)
教科書補助参考書として使っている人が多い。定期テストなどの勉強で活躍する。
口調は固めだが、カラーで見やすく、イメージは掴みやすい。

●生物(生物基礎・生物)入門問題精講(旺文社)

生物(生物基礎・生物)入門問題精講
解説がかなり丁寧なことで有名な問題集。問題数が厳選されており、短期間で仕上げるのに向いている。
過去問からの抜粋で、実践的な練習もできる。
もちろん繰り返してやるのも効果的
終わったら下記の基礎問題精講に進んでも良い。

●センターはこれだけ! 大森徹の生物基礎

センターはこれだけ! 大森徹の生物基礎
生物が苦手な人向けの、センター試験で平均点+αを取るための参考書。
一切の無駄を省き、いかにして得点につなげていくかがわかりやすい、短期間で仕上げられるのも良い。


この投稿にはタグがありません。

facebook -いいね!する

■最新記事

【2021年度】私立大学入試も大きく変わる!総合型選抜・学校推薦型選抜とは?

学長が語る!【社会に出てから求められるものとは?】

学長が語る!【偏差値とは何なのか?】

学長が語る!【人間力を鍛えよう!】

■カテゴリ一覧

高校紹介(0)

入試情報(128)

おすすめ参考書(23)

イベント(15)

英検(0)

入試トレンド(2)

大志学園学長の読書ブログ(1)

大志学園は塾をこう考える(8)

■タグ一覧

お知らせ 大学説明会 読書 関西学院大学

■月別記事一覧

●大志学園について

(C)岸和田の学習塾「大志学園」 All Rights Reserverd.