定期テストは、急成長の絶好の機会。

定期テストは、急成長の絶好の機会。

早いもので、10月の声をきいて一週間が経ちます。今日10月8日は暦の上では、寒露 (かんろ) といい、『冷たい露の結ぶ頃、秋もいよいよ本番。菊の花が咲き始め、山の木々の葉は紅葉の準備に入る時期である。』 とされています。
巷では、風邪をひいたりと体調を崩している人が多いと聞きます。塾の中でも、咳やくしゃみをしたり、鼻をすすったりしている生徒をチラホラ見かけますが、もうすぐ中間試験、皆さんはしっかり体調管理できていますか? 体調管理に気を配り、出来る限りの努力をして、良い成績をとることだけではなく、意味のある時間の過ごし方を身につけて下さい。

目標を立て、目標を達成するための計画を立てる。
そして、目標を達成するために努力する。
自らの成功の方程式を構築する機会である。

以前にも述べましたが、大学入試は知識と時間の使い方(タイムマネジメント)が問われるものです。だから、都度都度の定期テストは、タイムマネジメント能力を上げるトレーニングの機会でもあるのです。
そして、そのトレーニングを繰り返す中で、自分に合った学習方法を探すのです。つまり、数学Ⅰのテストで○○点取りたいという目標を立て、○○点取るために何を、どのように、どの程度、どの順番で学習するのかという明確な計画をたて、実行するのです。そして、その計画が目標達成に対して、あるいは自分の実行力とマッチしていたのかを検証することによって、自分に合った学習方法が作られていくのです。将来大きな成功を手に入れるためには、計画力と実行力のアップは不可欠です。

中間テストにむけて

これから、後に検証するための材料となる明確な計画はしっかりと立てた上で、中間テストに臨んでください。それから、一学期に不本意な結果に終わった人は、同じ轍を踏まないようにしてください。同じ轍を踏まないようにすることが成長することなのです。

この投稿にはタグがありません。
タイトルとURLをコピーしました