高1・1学期は、高校生活において単なる1/9ではない。|大学受験進学指導 岸和田の学習塾「大志学園」|京阪神大|難関国公立大|国公立大|難関私立大|関関同立|看護薬学|

大志学園
☎ 072-432-8819

受付 13:00~22:00 (日祝休業)

体験授業申込 ✓
資料請求 ✓
資料請求はこちら ✓

高1・1学期は、高校生活において単なる1/9ではない。

[記事公開日]2016/04/15[最終更新日]2019/02/28

カテゴリ:

高1・1学期は、高校生活において単なる1/9ではない。

新しい生活が始まって、はや2週間が過ぎました。
新しい制服、新しい通学経路、新しい友達、新しいクラブ活動などなど、毎日が新しいものとの遭遇の連続で、戸惑いうことの多く、緊張を強いられる毎日でしょう。ゆえに、ボチボチ疲れがたまってきているのではないでしょうか?

4月20日は暦の上では、穀雨 と言い、『田んぼや畑の準備が整い、それに合わせるように、柔らかな春の雨が降る頃。』とされています。この頃より変りやすい春の天気も安定し日差しも強まる。しかし、今年はまだもう少しの間天気は安定せず、日によって寒暖の差の大きことがありそうなので、疲れがたまっていることと併せて、体調には十分に注意して頑張りましょう!!

気づけば「勉強が分からなくなって」いませんか?

高校生活は、1年間で3学期。3年間で9学期あります。だから、物理的には高1の1学期もその9学期のうちの1回であす。しかし、重要度は他の時期と比べるとはるかに高いと言えます。
つまり、高1の1学期は単なる1/9ではないのです。

その理由は、「勉強が解らなくなった。」「勉強が出来なくなった。」状態になった人が最も多く出るのが、1年生の1学期なのです。しかし、当の本人は、リアルタイムで「勉強が解らなくなった。」「勉強が出来なくなった。」とはっきりとした自覚は出来ず、2学期以降の内容を学んでいるときに、「あのときにつまずいていたんだ。」と気付く場合がほとんどです。当然そうなってしまえば、その時期に学ぶ内容も身には付きません。
高1・1学期は、『量』への対応が重要なのです。


この投稿にはタグがありません。

facebook -いいね!する

■最新記事

【2021年度】私立大学入試も大きく変わる!総合型選抜・学校推薦型選抜とは?

学長が語る!【社会に出てから求められるものとは?】

学長が語る!【偏差値とは何なのか?】

学長が語る!【人間力を鍛えよう!】

■カテゴリ一覧

高校紹介(0)

入試情報(128)

おすすめ参考書(23)

イベント(15)

英検(0)

入試トレンド(2)

大志学園学長の読書ブログ(1)

大志学園は塾をこう考える(8)

■タグ一覧

お知らせ 大学説明会 読書 関西学院大学

■月別記事一覧

●大志学園について

(C)岸和田の学習塾「大志学園」 All Rights Reserverd.