【大学入学共通テスト解説⑥】「英語」を対策!センター試験との違いは?|大学受験進学指導 岸和田の学習塾「大志学園」|京阪神大|難関国公立大|国公立大|難関私立大|関関同立|看護薬学|

大志学園
☎ 072-432-8819

受付 13:00~22:00 (日祝休業)

体験授業申込 ✓
資料請求 ✓
資料請求はこちら ✓

【大学入学共通テスト解説⑥】「英語」を対策!センター試験との違いは?

[記事公開日]2019/06/17[最終更新日]2019/07/02

カテゴリ:

大学入学共通テストの英語(筆記・リスニング)を徹底解説!

試行調査(プレテスト)の結果から分かった、大学入学共通テストにおける「英語(筆記・リスニング)」の傾向・センター試験との違いをまとめました!

大学入学共通テスト「英語」の構成

共通テスト英語で第一に注目するべきポイントは、筆記(リーディング)とリスニングの配点が1:1になったこと
共通テストでは、リスニングも筆記と同レベルで評価されることが決まったんです。
筆記対策はもちろんですが、今後はリスニングの対策にも力を入れていく必要があると考えられます。

2017年と2018年に実施された英語の共通テスト試行調査(プレテスト)は、それぞれ以下のような難易度・構成で出題されました。
(難易度表記に用いられている「CFER」の説明はコチラ⇒【大学入学共通テスト解説③】英語民間試験の具体的な活用方法

  2017年度  2018年度  
筆記難易度(CEFR)A1A2B1A1A2B1
問題数8問11問15問9問11問17問
点数割合18%22%60%
リスニング難易度(CEFR)A1A2B1A1A2B1
問題数10問10問10問9問7問14問
点数割合30%26%44%

大学入学共通テスト英語のポイント

以下に共通テスト試行調査(プレテスト)の問題例を提示しながら、筆記とリスニングのポイントを解説していきます♪

英語筆記(リーディング)のポイント

センター試験よりも総英単語数が増加!

リーディングのポイントは、センター試験に比べて総英単語数が増加していることです。
センター試験では約4000語となっていましたが、共通テスト試行調査(プレテスト)では、2017年度・2018年度ともに約5100語と、1000語ほど多くなっています!

その分センター試験よりもシンプルな語彙が用いられましたが、読解量は増加しているため、高得点を狙うには速読・速解力を身につけることが必須です!

前半は簡単!確実に点数を取っていこう!

2018年度の共通テスト試行調査(プレテスト)では、第1問~第3問がCEFRのA1~A2レベルの問題、第4問~第6問がB1レベルの問題となりました!

CEFRのA1~A2というのは、比較的簡単な、中学1年生~高校1年生くらいのレベルを指します。
一方、上に挙げた表から分かるように、配点は40%分もあるんです!

ここを落としてしまうと、上位校の受験では特に、周りから差を付けられてしまう原因となるので、確実に点数を取って後半のB1レベル(高校卒業程度)の問題に繋げていきましょう♪

英語筆記(リーディング)の問題例

共通テスト試行調査(プレテスト)の英語筆記(リーディング)では、以下のような、料理のレシピやブログの文章、ディベートやプレゼンの資料などといった、日常的・身近な題材が多く取り上げられました!
筆記(リーディング)は、2017年度と2018年度の問題に特に大きな差はみられませんでした。

【2017年共通テスト試行調査(プレテスト)】

以下の問題では、レストランに対する英語で書かれた評価を「意見」と「事実」に区別する力が問われています。

解答:1・3(完答)
※A1レベルの問題、正答率14.0%

【2018年共通テスト試行調査(プレテスト)】

以下の問題についても、英語で書かれたレシピとそのレビューから、「意見」と「事実」を区別する力が問われています。

解答:(9) 1 、(10) 2
※A1レベルの問題、正答率⑨57.5% ⑩58%

英語リスニングのポイント

音声が1回再生される問題と2回再生される問題がある!

2018年度の共通テスト試行調査(プレテスト)のリスニングは、音声が2回流れる問題(A1・A2レベルの問題のほとんど)と、音声が1回しか流れない問題(B1レベルの問題)が出題されました。
共通テストの初年度でも、同様の出題が行われると発表されています!

多様な学力層を評価するために、様々な難易度の設定された問題が用意されたんですね!

非英語ネイティブによる読み上げも出現!

2回の共通テスト試行調査(プレテスト)とも、イギリス人や英語を母語としない非英語ネイティブによる読み上げがありました!

リスニング問題といえば綺麗なアメリカ英語のみが流れてくるイメージもありますが、共通テストでは全体的に日常生活をイメージした問題が出題されるので、英語の話し手についても、実際に海外の人と関わる場合を想定し、多様化が意識されたのだと考えられます。

学校のイベントなどを活かし、普段から出来るだけ様々な英語に触れておくよう心がけましょう♪

英語リスニングの問題例

共通テスト試行調査(プレテスト)のリスニングは、第2回(2018年度)から、音声の一度読みと二度読みの構成に変化しました!

また、2018年共通テスト試行調査(プレテスト)の英語リスニングでは、以下のような、実際の講義を想定してワークシートにまとめたり、記事を読んだりする問題が出題されました。
非常に実践的な問題ですね・・・!

【英語リスニング問題文】

【英語リスニングスクリプト(実際に読み上げられた文章)】

解答
問1(a) (25) 4
問1(b) (26) 2 (27) 4 (28) 1 (29) 4 (30) 2 (31) 3
問1(c) (32) 4

※B1レベルの問題、正答率 問1(a)47.1% 問1(b)39.0% 問1(c)24.3%

共通テスト英語は情報整理能力も求められる!

英語も、他科目と同じくグラフや図表が全体的に多く見られます。

速読・速解力やリスニング力はもちろんですが、共通テストというものを受験する上で、資料の整理能力を身につけることは、非常に有効な対策になります!

特に英語では「場面」「目的」「状況」が明確に設定されている、実際のコミュニケーションを想定した問題も見られますので、問題を解く上で、常に状況を理解しながら進めることを意識しましょう♪

その他の大学入学共通テスト解説コラム一覧







この投稿にはタグがありません。

facebook -いいね!する

よく読まれている記事

薬学 薬学部を設置している大学一覧(関西)

 2018年度入試 大阪大学 高校別合格者数・実質倍率・合格最低点

看護 2018年度 学校別・看護師国家試験合格率(関西エリア)

 2018年度 兵庫県立大学 合格最低点

 2018年大阪大学(医学部)合格者 高校別ランキング

 2018年度入試 同志社大学 高校別合格者数・実質倍率・合格最低点

 2018年度入試 近畿大学高校別合格者数・実質倍率・合格最低点

 2019年度入試 同志社大学 高校別合格者数・実質倍率・合格最低点

 2018年度入試 関西学院大学 高校別合格者数・実質倍率・合格最低点

 2018年度入試 関西大学高校別合格者数・実質倍率

■最新記事

「読書する人だけがたどり着ける場所」(齋藤孝・SB新書)

産近甲龍の入試が難化!?中堅私大の倍率は約20倍!【2019年私立大学入試】

TEAPって何?

英語外部検定 どれを受けたらいいの?

■カテゴリ一覧

高校紹介(55)

入試情報(183)

おすすめ参考書(23)

イベント(21)

英検(6)

入試トレンド(5)

大志学園学長の読書ブログ(1)

看護学校・看護学部(18)

教育学部(7)

薬学部(9)

■タグ一覧

TEAP 外部検定 大学入試改革 大学説明会 英検 読書 関西学院大学

■月別記事一覧

●大志学園について

【大学入学共通テスト解説⑥】「英語」を対策!センター試験との違いは? -(C)岸和田の学習塾「大志学園」 All Rights Reserverd.