「大学入学共通テスト」の実施方針 高大接続改革(大学入学者選抜改革)|大学受験進学指導 岸和田の学習塾「大志学園」|京阪神大|難関国公立大|国公立大|難関私立大|関関同立|看護薬学|

大志学園
☎ 072-432-8819

受付 13:00~22:00 (日祝休業)

体験授業申込 ✓
資料請求 ✓
資料請求はこちら ✓

「大学入学共通テスト」の実施方針 高大接続改革(大学入学者選抜改革)

[記事公開日]2017/09/28[最終更新日]2019/07/01

カテゴリ:

この記事では「大学入学共通テスト」の実施方針 高大接続改革について掲載しています。大学入学共通テスト、高大接続改革について知りたい方は是非参考にしてください。

2017年7月13日文科省発表による
「大学入学共通テスト」の実施方針 高大接続改革(大学入学者選抜改革)

◆ 受検生の「学力の3要素」について、多面的・総合的に評価する入試に転換。

  1. 知識・技能
  2. 思考力・判断力・表現力
  3. 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

◆ 高大接続改革実行プラン、高大接続システム会議最終報告に沿って、
  大学入学者選抜の改革を着実に推進

◆ 平成32年度(2020年度) 「大学入学共通テスト」開始
  ※記述式、英語4技能(英検など)

  平成36年度(2024年度) 新学習指導要領を前提に更に改革

▼大学入学共通テストにおける英検の利用ついてはこちらの記事をご覧ください。
「大学入試改革と英検」


▲画像はクリックで拡大します。

国語と数学で導入される記述問題のポイント?

マークシート式問題も「思考力重視型」へ変わる!

■マークシート式問題については「より思考力・判断力・表現力を重視した作問」となるよう見直しを図る」ことが明示された。

  • 〇出題者が問題文で示した流れに沿って解答するだけではなく、問題解決のプロセスを自ら選択しながら解答する部分が含まれるようにする。
  • 〇複数のテキストや資料を提示し、必要な情報を組み合わせ思考・判断させる。
  • 〇分野の異なる複数の文章の深い内容を比較検討させる。
  • 〇学んだ内容を日常生活と結びつけて考えさせる。
  • 〇他の教科・科目や社会とのかかわりを意識した内容を取り入れる。
  • 〇正解が一つに限られない問題にする。
  • 〇選択式でありながら複数の段階にわたる判断を要する問題とする。
  • 〇正解を選択肢の中から選ばせるのではなく必要な数値や記号等をマークさせる。

大学入試英語に4技能の外部検定試験活用が決定!

この大学入試改革の3つの特徴!

参照:「大学入学者選抜改革について」文部科学省


この投稿にはタグがありません。

facebook -いいね!する

■最新記事

【2021年度】私立大学入試も大きく変わる!総合型選抜・学校推薦型選抜とは?

学長が語る!【社会に出てから求められるものとは?】

学長が語る!【偏差値とは何なのか?】

学長が語る!【人間力を鍛えよう!】

■カテゴリ一覧

高校紹介(25)

入試情報(165)

おすすめ参考書(23)

イベント(25)

英検(8)

入試トレンド(6)

大志学園学長の読書ブログ(1)

大志学園は塾をこう考える(8)

■タグ一覧

TEAP 外部検定 大学入試改革 大学説明会 英検 読書 関西学院大学

■月別記事一覧

●大志学園について

(C)岸和田の学習塾「大志学園」 All Rights Reserverd.